お申し込み方法・受験料について

R-CAP for teens type G

自己理解と職業理解を重点的に深め目標設定や行動化を促します

typeGは自己理解と職業理解に重点を置いています。どのように周囲や社会と関わることを好むのか、どのような強みを発揮したいと思うのか、「興味・関心」と「得意・自信」の両面から職業探究を行うことで、目的をもった高校生活を送るための行動化を促し就業観を育成し、最適な構成となっています。

こんな指導方針に最適
ご検討資料ダウンロード

type G の特長

「興味・関心」の結果から生徒のタイプと職業適性を分析

周囲や社会とどのように関わりたいのか「興味・関心」から分析し、パーソナリティタイプを8つのタイプの割合から紹介しています。また、「興味・関心」の結果から職業適性ややりがいワードの結果を現しています。さらに、個人の結果の解説がオリジナルコメントに書かれています。

パーソナリティタイプ

仕事のどんな点にやりがいを感じるか それぞれの「やりがいワード」を紹介

生徒それぞれの「興味・関心」からみて満足できそうな上位の職種についている人たちが共通して感じる「やりがい」を、133あるやりがいワードの中から「やりがいワードTOP20」として紹介しています。その仕事をしている自分を想像した時に「おもしろそう」「やってみたい」と感じる点はどんな点なのか、「やりがい」を通して仕事を研究することで、自分の求める働き方や将来像をイメージし、働く動機を考える手がかりとします。
[ やりがいワードの活用例 ]

仕事カタログを活用

3つの領域で職業をマッピングすることで より具体的な職業探究が可能に

その生徒のタイプの結果から、「興味・関心」と「得意・自信」が高いゾーン、職業研究を促すゾーン、目標設定を促すゾーンの3領域が一目でわかる職業探究マップを作成。今まで興味のなかった職業や、興味があってもあきらめていた職業なども広く研究対象とし、3つの領域別に行動化や目標設定などの指導につなげられます。

3つの領域

「結果報告書」は「生徒用ガイド」をみながら読み進めます

「結果報告書」とともに生徒のみなさんには「生徒用ガイド」が配布されます。詳しい結果の見方や注意点が書かれているので、それを見ながら結果を自分で読みとることができます。
また、自分の結果を元にして、マーカーなどで線をひいたり、カタログにフセンを貼ることで自己理解を深められるワークがあります。

 

結果報告書ページ構成

パーソナリティタイプ

パーソナリティタイプ

どのように社会と関わることを好むのか、興味・関心から分析した結果を示します。

職業適性

職業適性

業種ごとに、適性の高い職種から順にランキング表示します。

職業探求

職業探求

3つの領域に分けて、適性のある職業をマッピング表示します。

学問適性と文理傾向

学問適性と文理傾向

高い満足度が得られる可能性の高い学術分野から順にランキング表示します。

各ページの画像をクリックすることで拡大することができます。

サービス・ツールの構成

生徒用

教員用

教員用

職業理解・学問研究の標準的なワークシートのほか、ご指導ニーズ・年間の指導計画に応じたワークシートをご用意。

お申し込み方法・受験料について

※ 外部サイト(学びみらいPASSのサイト)へ遷移します